« 今年も大盛況!! | トップページ | 憧れの業務機! »

2017年5月16日 (火)

アナログサウンドの本音

往年のオーディオ機器が使えるようにメンテナンスをしています。私が手に負えない回路系の不具合は、業界で知り合った電子回路の達人にお願いしています。とにかく何でも直してしまう達人の存在は頼もしい限り・・ こうして45年前の機器が使えるようになると、そこで聞けるメディアは超アナログサウンドの世界。決して懐古主義ではなく・・その音楽を録音するために集った「演奏家達の息吹」が味わえる。そこに古い機器を使いたい<本音>があります。そしてマイクもコンソールも現在とは桁違いの手間と努力で造られています。だからアナログサウンドが心地良いのです。実は音じゃない!

AKAI GX-260D

260d

NAKAMICHI-700 II 

700ii


AKAI & NAKAMICHI

« 今年も大盛況!! | トップページ | 憧れの業務機! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1249290/70576218

この記事へのトラックバック一覧です: アナログサウンドの本音:

« 今年も大盛況!! | トップページ | 憧れの業務機! »