okada-design-world.cocolog-nifty.com > S&Rマガジン1986

00011
00012
00021
00022
00031
00032
00041
00042
00051
00052
00061
00062

<< 前 | トップページ

00062

1986年に連載した記事。最終回となった「近未来のPAは?」です。

世界に先駆けデジタルメモリー卓を具現化した私(34歳)の構想が、手書きのイラスト図となって残っていました。改めてみる・・先ず先ずの的中率だったのが嬉しいです。

◎フル・コンピュータ制御卓  ◎オール・フライングPA  ◎光ファイバー伝送  ◎ワイアレス・リモートコマンダー  ◎楽器用にも使えるワイアレスマイク

液晶ディスプレーが開発される前だったのでCRTが懐かしい。それと未だに楽器用途に使えるワイアレスマイクが出現しておりませんが、2ピース型デジタルワイアレスを改造すれば不可能ではありません。ステージからマイクケーブルやマルチが消えるのも、そう遠くはない気がします。

固定リンク